2018/08/06 - 11:32

夏のAWS Fargate & Amazon ECS/EKS祭り参加レポート

:

:

:

kamui trackerのエンジニアのkawashigeです。
2018/8/3(金)に開催されたAWS主催の夏のAWS Fargate & Amazon ECS/EKS祭りの参加レポートを書きます。

https://pages.awscloud.com/AWSFargateAmazonECSEKSmatsuri20180803-jp.html

AWS Fargate & Amazon ECS/EKS最新情報

AWSの方によるFargateやECS/EKSの概要についてのセッションでした。
コントロールプレーンやデータプレーンについての説明などコンテナ初心者として参考になる内容が多かったです。
中でも下記内容がコンテナを導入する際のアーキテクチャの検討時の参考になりそうで良かったです。

Fargateでは難しいもの

  • Windowsコンテナ
  • GPU Suppprt
  • docker exeのようなインタラクティブなデバッグ
  • SpotやRIベースの価格モデルの適用

FargateよりLambdaを使うほうがいい場合

  • イベントドリブン
  • ミリ秒単位のコンピュート
  • ランタイム管理をしたくない
  • 分散バッチコンピューティング

コンテナ化したアプリケーションをAWSで動かすためのベストプラクティス

コンテナ化した際のアプリケーションの開発からリリースまでの流れの中で特にCI/CDにフォーカスを当てたセッションでした。
AWS CodePipeline、AWS CodeBuild、AWS CodeCommitでマネージドなCI/CDパイプラインを作れるのは便利そうだなと思いました。

日本のお客様によるAWS Fargate & Amazon ECS/EKS活用事例紹介

Kintone on EKS

サイボウズ社のKintoneでEKSをどのように使っているかという内容のセッションでした。
「手順」をそのまま自動化すると脆いシステムになるので、ロバストな自動化のためには「理想状態への収束」という考え方が必要という話がおもしろかったです。
EKS + CloudFormationを使ってフルスタックで「理想状態への収束」を行っているとのことです。

AWS FargateでElixirのコンテンツ配信システムを運用してみた

エムスリー社でFargate化を行った話についてのセッションでした。
7月に東京リージョンが出てもうプロダクションに投入しているのはスピード感があってすごいですね。
ElasticBeanstalk時の課題とFargateでどのように課題が解消されたかについての話が参考になりました。

下記ブログにFargate化について記載されています。

https://www.m3tech.blog/entry/elixir-aws-fargate

EKS, Fargate, コンテナの運用監視は今までと何が違うのか? よくある課題とその対策

Datadog社の方によるコンテナ運用時の監視についてのセッションでした。
まだコンテナを本番運用していないので監視でどのような課題、違いがあるのかが参考になりました。
セッションでも紹介されていたコンテナについてのレポートが良さそうでしたので読み込んでおこうと思います。

https://www.datadoghq.com/docker-adoption/

所感

現状コンテナの導入を検討している段階ですので、概要から導入事例まで聞けたのは参考になりました。
Fargateとても便利そうなので使ってみたいという気持ちが高まりました。
監視周りなどこれまでの運用とは異なる知見が必要になってきますが、課題を解消してコンテナを導入していきたいですね。