2018/06/09 - 15:42

なぜ技術ブログをつくるのか

:

:

:

前提

背景

弊社は以下のように採用を強化したいと考えていました。

  • ITエンジニア採用を強化したいと考えている
  • 他の企業と同様により優秀な人材を必要としている
  • その上で面接をこのように心がけてやっている
    1. 面接官と被面接者の非対称的な権力構造を事前にできるだけ排除したいと考えている
    2. 判断材料として
      • 「よりわたしたちのことを知ってもらいたい」と考えている
      • 「よりあなたのことを知りたい」と考えている

上記のような考えでありながらも、以下点においての非対称性の排除はまだまだ十分ではないと感じていました。

  • 「業務以外になにかしらアウトプットがある人」を潜在的に求めている自覚がある
    • 面接時にそのような質問を投げかけるし、そのようなアウトプットがある人を加点している事実もある
  • その一方で「わたしたち自身のアウトプット」または「そもそも継続的なインプットの有無」がプロダクト以外になにもみえない
  • 転職希望者には「業務以外のアウトプットを潜在的に要求」しておきながら、企業側が「何もアウトプットしないまま」で面接官然としているのは本当にフェアなのだろうか
  • これは情報の非対称性的な話であると理解し、この非対称性を看過していることは転職希望者に対する不誠実な態度なのではないかと考えた1

ここまでを踏まえてわたしたちはこれらを是正、解決するための一歩目として技術ブログを開設することに決めました。

  • 未知なる面接希望者 に、事前にできる限りの情報を提供できれば、将来の面接はよりフェアな形で実施できるだろう
  • 面接前に事前に情報を提供できれば、更に深い議論ができる可能性がある

という2点をとりあえず期待している形です。


  1. 「権力構造の非対称性の発露が、情報の非対称性という形とその行為への無自覚な看過であわせてなされる」と個人的には考えている 👣